ピンクゼリーとは?使い方・タイミングを解説!

ジュンビーのピンクゼリーと商品リーフ

ピンクゼリーという言葉に耳馴染みがないという方も 多いかもしれません。

ですが、この「ピンクゼリー」は、女の子がほしい親御さんにはぜひ知っておいてほしいです。ピンクゼリーは、女性の膣内を酸性に保つことができるゼリーです。膣内を酸性に保つ理由は、女の子になるX精子が酸性に強いためです。

そのX精子が生き残りやすいように酸性にしてあげることによって女の子が生まれやすくさせるのです。

女の子が出来るためには、実は膣内がX精子と言われているものに有利な状況を作り出してあげる必要があります。このX精子というのは、女の子のことです。

男の子の場合はY精子と言われているものです。このX精子が受精することによって、女の子が出来ることになるのです。では、このX精子に有利な状況にはどのようにして行えばいいのかと言うと、膣内を酸性に保てば良いのです。

そこでピンクゼリーを使うのです。ピンクゼリーを使うことによって、膣内は酸性に保たれることになります。

膣内がアルカリ性になってしまうオルガズムなどの心配もする必要がなくなるため、安心して子供を授かるためのセックスに集中することができるようになります。

膣内にいれるということで成分が気になる方も多いとは思いますが、厚生労働省から管理医療機器として認証されており、すべて医療用に使われている成分のみで構成されているので女性の体にも害がありませんし、生まれてくるお子さんにも何か障害があったというケースは今までに一度もありません。

安心して使用できるのは、やはり嬉しいですよね。

開封してキャップを外したら、後はワンプッシュで使用できるという使い方が手軽な点も好評な理由のひとつ。製造されてから2年間は使うことができるので、長く使用できるにも魅力的です。

 

ピンクゼリーの使い方について

ジュンビーのピンクゼリーは、なんと言っても使い方が簡単!こちらの画像をご覧下さい。

ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーの使い方

  1. 包装の上端のギザギザを切り、容器を取り出します。
  2. キャップを指で折るようにして引き抜きます。
  3. 容器を持ち、身体をリラックスさせた状態で、シリンジの先端から5cm~8cmを膣に挿入します。
  4. ピストンを押し出し、ジェルを注入します。
  5. 容器をゆっくり抜きます。

 

たったこれだけのステップでピンクゼリーを使うことができます。実際に使ってみると思った以上に簡単に使えますから、使用方法については迷うことはほぼないと思いますよ。

 

ピンクゼリーを使うタイミングはいつ?

ピンクゼリーを使うタイミングですが、それはズバリ性交渉直前になります。男性が射精をするタイミングで女性の膣内環境が酸性になっていればOKですので、性交渉を始める前にピンクゼリーを使用しておきましょう。

 

ピンクゼリーで望む未来を手に入れましょう!

「赤ちゃんはできれば女の子が欲しい」と思っていてもなかなかその通りにはいかないことが多いです。ですが、ピンクゼリーを使うのであれば、高い確率で女の子を産むことが出来るようになります。

女の子がほしい場合には、いろいろな方法で試してみるのもいいですが、出来るだけ確実に女の子がほしいものです。なので、そのようなときにはピンクゼリーを使うことをおすすめします。このピンクゼリーを使うことによって、女の子ができやすい環境と言うのを作ってあげることが出来るのです。

女の子ができやすい環境と言うのは、実は科学的に証明されています。簡単に言えば、膣内を酸性に保つことができれば、女の子ができやすいと考えられているのです。

それを行うことが出来るのが、ピンクゼリーというわけです。ピンクゼリーを使うだけで、簡単に膣内を酸性の状態に保つことが出来るようになるのです。こんなに簡単な使い方で産み分けができるのはピンクゼリーくらいですから、女の子の産み分けにチャレンジしたい方はぜひ使ってみて下さいね。

ピンクゼリー公式サイト:http://pink-jelly.jp/