ピンクゼリーの効果(成功率)はどれも同じじゃないって本当?

ピンクゼリーの効果を比較

ピンクゼリーを使う場合、やはりその効果や成功率は気になりますよね。

女の子の産み分けに使うピンクゼリーですが、その成功率は約80%と言われています。ピンクゼリーを使わない場合の成功率が50%だとすると、かなり効果があることが分かると思います。

 

ですが、これは純正のピンクゼリーを使った場合の話です。管理医療機器ではなく雑貨として出回っているピンクゼリーの類似品だと、同じような効果は期待できないかもしれません。

なぜなら

  • ピンクゼリー:ph値が酸性になっている
  • 類似品:ph値が酸性かどうか怪しい?

からです。

 

産み分けゼリーによって効果が変わる理由とは?

女の子を産み分けるためには膣内のph値を酸性にすることが重要で、そのためにピンクゼリーのような産み分けゼリーを使用するわけですが、そもそも産み分けゼリーのph値がちゃんと酸性になっていないのであれば効果は期待できません。

「女の子の産み分けゼリーなのにph値が酸性じゃないなんてことあるの?」思うかもしれませんが、ゼリーのph値を測定して効果検証している分かりやすい記事がありましたので、ぜひこちらの記事をチェックしてみて下さい。

ピンクゼリーの効果比較

(画像引用元:男女産み分けガイド決定版

ピンクゼリーの効果をph値で比較検証した参考記事はこちら

 

一例だけだと数値の信憑性が疑わしいかもしれませんが、同じようにph値を計測し、やはりピンクゼリー以外の産み分けゼリーはほぼ中性なので女の子の産み分け効果なしとまとめている他の記事もありました。

産み分けゼリーのph値を計測した他の例

具体的に数値を計測してまとめている記事はこちら。

 

産み分けゼリーを使用することで成功率80%という効果を得られるのは、使うゼリーのph値が酸性になっている場合のみです。上記の参考記事で書かれているように、

  • ピンクゼリー:酸性なので効果が高い
  • ベイビーサポート:酸性度が低いので効果は微妙?
  • ハローベビーガール:ほぼ中性なので効果なし?

という違いがあるので、商品選びの際は注意する必要がありそうです。

 

実際にピンクゼリーを使用して産み分けに成功した方の体験談

ぷりん(32歳)
私は、自分が子どもの頃から女の子が欲しいと思っていました。自分自身が、いつもかわいい洋服を着せてもらっていましたし、母とも仲良しで、そんな親子になれたらなとずっと夢を描いていました。

しかし、いざ結婚して出産してみると、立て続けに男の子を授かったのです。

3人目にトライするかどうか、主人とも何度も話し合いをしてきました。これで、また男の子だった場合、きっとがっかりしてしまいます。それでは、生まれてくる子供がかわいそうです。

そこで出会ったのが『ピンクゼリー』でした。産み分けの方法は他にもたくさんあります。ところが、成功率はかなり低いように思います。その点、ピンクゼリーは、より確実に産み分けることができると評判なので、その効果を信じてみることにしました。

膣内を酸性に保つことができ、それで産み分けができるというのは、大変理にかなっていると思います。

ただ、絶対に失敗したくないというプレッシャーもあり、それでも女の子が欲しいのかと葛藤したこともありました。だから、もし男の子だったとしても3人目の子供が欲しいという気持ちになってから、ピンクゼリーを使った産み分けに取り組むことにしました。

ピンクゼリーを使用して3回目でようやく妊娠することができました。健診のたびに、性別が気になっていました。上の子供達の時は、安定期に入る頃に性別が判明していましたが、3人目の時はずっと不明でした。

そして、お医者さんから「女の子で間違いないでしょう」という言葉を聞いたとき、涙が出るほど嬉しかったです・・・。

元気に生まれてきたのはやはり女の子で、ピンクゼリーの成功率はやっぱり高いんだと思いました!

 

【注意】女の子の産み分け効果が高いピンクゼリーですが…

ピンクゼリーは人為的に女の子が産まれる確率を高めるので、女の子をどうしても産みたいという人にはおすすめの方法です。

「上の子が男の子が続いたので次は女の子を産みたい」と産み分けを考えている夫婦はたくさんいると思います。セックスのやり方や男性の精子の濃度などを調整して産み分けをすることもできるようですが、少しでも女の子が産まれる確率を上げたいのなら、ピンクゼリーを使用することで産み分け成功する確率が高くなります。

男の子のY精子は酸性に弱く、女の子のX精子が酸性に強いということで、人為的に膣内を酸性にするためのゼリーが『ピンクゼリー』です。

体に直接挿入するものなので、人体に含まれる成分のみを使用しているので安心して使うことができます。ピンクゼリーは旦那の協力も必要なので、夫婦で協力しあって使用しましょう。

ピンクゼリーを使っても100%女の子が産まれるというわけではありません。それでも成功率は約80%と高い確率になりますから、もし女の子が欲しいを願っているなら使ってみることをおすすめします。ただし、産み分けをしたのに男の子が産まれたら落胆も大きいとは思いますが、どんな子でも大事な子宝だということを頭において産み分けをしてください。

なお、ピンクゼリーはジュンビーの公式通販サイトで購入が可能ですが、類似品も出回っているので注意が必要です。ピンクゼリーを購入する前に、こちらの記事をチェックしておくことをおすすめします。

ピンクゼリーvsベイビーサポートvsハロベビーガール徹底比較!