ピンクゼリーは危険?障害や副作用が出るデメリットがあるの?

ピンクゼリーは危険?

以前は男女の産み分けは出来ないものと考えている人が多かったのですが、現在は科学的に「膣内環境がどのような状態であれば男女の産み分けを行うことが出来るのか」ということが証明されています。

では、どのようにして女の子を産み分けすることが出来るのかと言うと、科学的に証明されている女の子が生まれやすい状況というのは膣内が酸性に保たれている状態です。ですが、自分でそれを調節するというのは難しいことです。

そこで『ピンクゼリー』の出番です。

 

ピンクゼリーって危険なの!?

ピンクゼリーを使うと、酸性に保つことが出来るようになるのです。どのようにして使うのかと言うと、ゼリーの入った特許取得のタンポン型容器を膣内に挿入し、ワンプッシュでゼリーを膣内に注入するだけです。

その上で性行為を行えば女の子を妊娠する確率が高くなりますので、女の子が欲しい夫婦に大人気の商品となっています。

 

ですが、使用前は

  • ピンクゼリーは危険じゃないの?
  • ピンクゼリーを使ったら障害が出ないか心配…
  • ピンクゼリーを使うデメリットは?

といった不安が頭をよぎるものです。

 

ですが、実はそういった不安は一切無用です。過去にピンクゼリーを使用して問題が起こったことは一度もありません。それくらい安全性が高いことが立証されているので、安心して使用することができます。

(ピンクゼリーは、厚生労働省認証の「管理医療機器」です。)

 

デメリットについても、商品購入代がかかるくらいで、デメリットはほぼゼロです。産み分けにはいろいろな手法がありますが、どれも高額な費用がかかってしまうのが現状です。

その点、ピンクゼリーではれば1~2万でチャレンジできますし、何よりネット通販で気軽に購入できるというメリットがあります。病院への通院が必要ないという手軽さが人気の理由のひとつです。

 

ピンクゼリーで副作用が起こる可能性ある?

こちらも心配無用です。

ピンクゼリーに使用されているものは、すべて医療レベルで使用可能な成分ばかり。どれも安全性が保証されていますので、副作用の心配はありません。

ピンクゼリーは口からではなく膣から注入するものですので、食物アレルギーがある方も安心して使用できます。やはり障害事例同様、副作用があったという報告もこれまで1件もないようです。

 

危険…じゃないけど、商品選びには注意が必要!

『ピンクゼリー』は、ジュンビー株式会社というベビ待ち女性をサポートする妊活専門会社から発売されているものが正規品になります。ですが、そのピンクゼリーを真似た類似品もネットでは出回っているので購入の際は注意が必要です。

詳しくはこちらの記事でまとめてありますので、ピンクゼリー購入前に一度目を通しておくことをおすすめします。

ピンクゼリーvsベイビーサポートvsハローベビーガール徹底比較!