パーコール法の成功確率は意外と低い?デメリットも…

パーコール法の成功確率は意外と低い?デメリットも...

人工授精における男女産み分け法「パーコール法」とは?

妊活において、男女の産み分けを考えている方、「人工授精ならば確実に男女の産み分けができる」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

人工授精において男女の産み分けをする際には、どのような方法が取られるのでしょうか?また自分で行える産み分け妊活と比べるとどちらが良いのでしょうか?今回はそんな点をまとめてみました。

人工授精において、男女産み分けを望む際には「パーコール法」と呼ばれる方法が用いられます。「パーコール法」とは一体どのような方法なのでしょうか?

パーコール法においては、まず精液を特別な容器に入れて遠心分離機にかけます。 遠心分離機にかけると、重さによって精液が分離します。
より重いX染色体が下にたまり、Y染色体が上へと分離するのです。X染色体は女の子、Y染色体は男の子が生まれやすくなります。

(下にたまったX染色体を多く含む精液を人工授精することで、より女の子が生まれやすくなるということです。)

パーコール法のメリットとしては、卵子や精子の質の低下などで自然妊娠が望めないカップルでも、産み分けに挑戦できる唯一の方法なのでそのような方におすすめできるという点があります。

デメリットとしては、人工授精全体に言えることですが、受精の確率が100%ではないということです。 これは自然妊娠も同じですが、人工授精の場合、通院や処置などが必要になるためカップル双方の負担があることを覚えておきましょう。

また一回50,000円程度費用がかかるので、何度も挑戦できる処置でもありません。また産み分けの成功率についても70%程度と言われていますので、それも覚えておく必要があります。

(つまり、女の子が欲しければピンクゼリーを使った方が成功率が高いということです。)

では自然妊娠における産み分け法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

ピンクゼリーは成功率が高い!

現在産婦人科で産み分けの相談をすると、かなりの確率で産み分けゼリーの使用を勧められるかと思います。産み分けゼリーとは、受精前の精子の活動に作用する状態を人工的に作り上げ、産み分けに挑戦するという方法です。

女の子を希望する場合は、膣内を酸性にする「ピンクゼリー」を使用するとX染色体を持つ精子が有利になり、女の子が生まれやすくなります。反対に、膣内をアルカリ性にする「グリーンゼリー」を使用するとY染色体が有利になり、男の子が生まれやすくなります。

この産み分けゼリーは、排卵日の計算とともに使用するとかなり確率が上がると言われています。 排卵日の2日前に「ピンクゼリー」を使用した場合の女の子の出産率は80%にもなるというデータがあります。排卵日の正確な予測と、それに合わせて産み分けゼリーを使用することで、かなり高確率で産み分けを可能にすることがわかります。

 

パーコール法よりピンクゼリーが有効といえる理由

上記のデータを見ると、産み分けゼリーは人工授精よりも高い確率で産み分けに成功しているように思えます。それは、産み分けゼリーが女性の身体の秘密を熟知し、それに働きかけているゆえと言えます。

膣内はもともと酸性に保たれているので、普通に考えると酸性に強いX染色体のほうが受精しやすいように感じます。 しかしX染色体はY染色体の半分しか量がないので、その受精の確率は半々であると言われています。そしてY染色体はX染色体よりもスピードが速いので、先に卵子にたどりつき受精する確率が上がります。

一方、Y染色体は寿命が短いという難点があります。 そのため、卵子に出会えず膣内で死亡してしまう可能性が高く、その場合はX染色体の方が長く卵子を捜し、出会えた場合に受精する確率が高くなるのです。

このように自然に任せるとやはり男女の産み分け確率は五分五分と言えますが、膣内を酸性に傾けることはX染色体の有利な点を伸ばし、より受精しやすくできるとわかります。女の子が欲しい場合は、パーコール法のように費用が高額で成功率も低い方法を選ぶのではなく、ピンクゼリーを使った女の子の産み分けをすることが賢い選択なのです。

ピンクゼリーの正規品はこちら ⇒ http://pink-jelly.jp/