【まとめ】女の子の産み分け成功体験談

ピンクゼリーで女の子の産み分けに成功
みよ(27歳)

昔からの夢で女の子の産み分けに成功しました

私は子供の頃からの夢で、結婚して子供を産むときは絶対に 女の子が欲しかったのです。夫にもそれは伝えましたが、「そんなことできるの?」ぐらいの反応でした。

まあ男性の妊娠に関しての知識はあまり高くないので、世間の夫はみんなこんなものだと思います。

私はネットや本で調べながら着々と準備を進めていき、産み分けに使われるピンクゼリーのことを知った時点で夫に一度相談しました。彼は子供の性別などは自然に任せるのが一番だ、と反対しましたが、私の真剣な態度と表情に根負けし承諾してくれました。

私たちの両親はやはり昔の人なので、夫以上に反対されそうだったので内緒にしておきました。夫に内緒でもやろうと思えばできますが、やはり二人で協力したほうが成功率は上がるそうです。

いざ始まると、夫も乗り気になって随分協力してくれました。賛否両論ある産み分けですが、私たち夫婦に限ってはこの事で夫婦愛が深まった様に思います。

ピンクゼリーを使用する時は夫が手伝ってくれました。

排卵日2日前の性行為の時にピンクゼリーを使ってチャレンジです。この時夫が興奮しすぎない事が重要なのですが、これはやっぱり理解がないと難しいですね。ピンクゼリーを2回購入し、妊娠するまでには結局3か月くらいかかりました。

妊娠してしまうとやはり「産み分け」よりも「無事に生まれて欲しい」という気持ちのほうが強くなり、産み分けに努力した事などは忘れかけてしまうくらいでしたが、18週目くらいで夫の方から「もう性別確認できるんじゃないの?」と言われてはっと気づいたくらいでした。

エコーは3Dで9割近くの確率で「女の子」でした!

そしていざ出産となり、2976gの元気な女の子を出産することができました。ピンクゼリーを使って夫と協力したからこそ産み分けに成功できたんだと心から思っています。ありがとうピンクゼリー!

誠(29歳)

ピンクゼリーで産み分け大成功!

29歳の男です。 24歳の時に結婚したのですが、結婚した当初から妻は子供を欲しがっていました。しかも女の子を欲しがっていました。

結婚するまでに5年も付き合っていたため、夜の関係はほとんどありませんでした。

というより、めんどくさいという方が強かったような気がします。そんな中でも子供は作ろうということになりました。調べてみると、女性がオーガズムを感じなければ女の子ができやすいとのことで、今まで通り冷めた感じで、ただ出すだけのセックスをしていました。結果できたこどもは男の子でした。

もちろん二人で子供ができたことは喜びました。しかし、妻のほうはやはり女の子が欲しかったようです。子供が2歳を迎えたころ、二人目を作ろうという話になりました。今度は失敗できないため、確実に女の子を作るためにいろいろと調べました。

そこで出会ったのがピンクゼリーでした。

使い方は簡単で、セックスをする前にピンクゼリーを女性の膣に入れ、そのままセックスするとのことでした。

初めは抵抗がありましたが、ピンクゼリーを入れることで前戲が必要なくなります。オーガズムを感じさせなくする作用もあるのかなとふと思ったりもしました。それからはしばらくピンクゼリーに頼ったセックスばかりでした。価格もそんなに高くないため比較的簡単に続けられます。半年かかりましたが、無事に妻が妊娠しました。

そして、出来た子は女の子でした。

本当にピンクゼリーには感謝しています。何より、女の子だと分かったときの妻の喜ぶ顔が今でも忘れられません。結果的に女の子が出来ただけなのかもしれませんが、ピンクゼリーのおかげだと信じています。

もし、今女の子が欲しいと悩んでいる夫婦があるのであれば、ぜひともピンクゼリーをオススメします。

ピンクゼリーを使うことで確率が上がることは間違いないです。そんなに何度もチャンスはありませんから、後悔しないように初めからピンクゼリーを活用ください。素敵な女の子が生まれてきますように。

匿名希望(30歳)

勇気を出してジュンビーのピンクゼリーを使ってよかったです

私は30歳で、第一子の妊娠を希望していました。 自分自身の兄弟構成が女、男の順番だったことと、一姫二太郎が育てやすいと色々なところで聞いていたので、ぜひ第一子には女の子が欲しいと考えていました。

女の子の生み分けについてネットで調べてみると、排卵日を確認するタイミング法や体位など工夫する方法などと一緒に、ジュンビーのピンクゼリーがおすすめだと紹介されていました。

タイミング法や体位など工夫する方法は簡単に出来ますが、ピンクゼリーのことはネットで初めて知ったので詳しく調べてみました。どうやら管理医療機器扱いになるらしく産婦人科医が共同開発した産み分けゼリーということで、安全性が高そうだという点が決め手になりました。

私にとっては安い買い物ではなかったですが、後悔したくなかったので思い切って購入しました。

私は子どもは二人欲しいと思っていたのですが、男の子は出来なくてもいいけれど、女の子は絶対に欲しいと思っていたので、少しでも女の子が生まれる可能性を高くしたいという思いがありました。そして、出来れば第一子は女の子を生んで、長女として育てたかったのです。

夫は子どもは男女どちらでもいいという考え方だったのですが、私の気持ちを理解してくれました。そこで、少し高かったですが、ピンクゼリーを通販で購入することにしました。

実際にピンクゼリーを使用して生み分けにチャレンジし始めてから二回目の排卵日で、無事妊娠することが出来ました。ピンクゼリー以外にも、タイミング法や体位など、生み分けに有効そうなことは最初からすべて行いました。妊娠発覚してからは、女の子か男の子かとても楽しみで、性別がわかる妊娠中期が待ちきれませんでした。

そして、20週目の検診で、性別が判明・・・

なんと、望んだ女の子だったのです!

わかった瞬間、旦那さんと目を合わせて喜びました。

第一子で今後も女の子を授かるチャンスがあっただけに、最初からピンクゼリーを使うか迷いましたが、女の子を授かった今となっては、ほんの少しの勇気を出して、ピンクゼリーを試してみてよかったと思います。

ピンクゼリーを開発してくれたジュンビーさんには感謝の気持ちしかありません!

ミワ(32歳)

ピンクゼリーで女の子の産み分けにチャレンジ

32才女性のミワです。 結婚してから3年目になります。

始めは主人と結婚生活を楽しみたくて子作りを避けていましたが、そろそろ欲しいなと思っていました。なんとなくインターネットで妊活の情報サイトを見ていると、産み分けのことが載っていました。以前から主人とは、可能であれば始めての赤ちゃんは女の子が欲しいねと話していました。

女の子は可愛くて精神的な成長も早いので、始めて育てるにはいいと聞いていたのです。理想は第一子は女の子、第二子が男の子の一姫二太郎。でも、なかなかそんなうまくは産み分け出来ないだろうと話をしていました。

しかし、そのサイトには「ピンクゼリーを使用する事で女の子を授かる可能性がかなり上がる」と書いてありました。本当に産み分けに成功できるなら料金はそれ程高くないので、主人に相談する事にしました。

主人からは了解を得られ、産み分けに挑戦する事にしました。

これは実際に産み分けをすることで学んだことなのですが、精子の男の子遺伝子(Y染色体)はアルカリ性なので酸性に弱く、膣内で長く生きることが出来ません。しかし、X染色体より泳ぐスピードが速いと言われています。

精子の女の子遺伝子(X染色体)は酸性なので、膣内で長く生き延びる事が出来ます。つまり、排卵日より数日前に性行為をすれば女の子遺伝子(X染色体)が膣内で生き残り、卵子と受精して女の子が授かる確率が上がるのです。

それにプラスして膣内を酸性に保つピンクゼリーを併用すれば、更に確率が上がるというわけです。

早速、その夜に使用してみました。すると、有難い事に一度で赤ちゃんを授かりました。そして・・・実際に生まれた子供は可愛い女の子です!

正直、授かった時には嬉しくて男の子でも女の子でもいいと思いましたが、やっぱり女の子が可愛いですね。今では夫と「次は男の子の産み分けに挑戦しようか?」なんて話していますが、私は姉妹も悪くないと思っているので、もしかしたら残ったピンクゼリーを使うかも?なんて思っています。

(1本しか使ってないので、まだ9本残っていますし。)

女の赤ちゃんは本当にかわいいので、女の子希望ならぜひピンクゼリーを使うことをおすすめします!

のんたん(34歳)

値段が高いけど、ピンクゼリーを買って正解でした!

2歳の男の子のママをしている専業主婦です。

1人目のとき、周りからはきっと女の子だねと言われ続け、後期になって知らされた性別は男の子でした。その時は男の子でもとっても嬉しかったのですが、次こそは女の子が欲しいと思い始めました。

先輩ママさんでやっぱり女の子が欲しくて独自の産み分けで2人目3人目と産んだ方がいるのですが、その方は結局4人目まで男の子しか生まれずさすがにそれ以上は・・・と断念しました。

うちも家計的にも2人が限界なので今回こそは女の子を・・・と値段の高いピンクゼリーを使った産み分けに挑戦することにしました。ピンクゼリー自体はネット通販で簡単に買うことができます。

ただ、値段が15,000円くらいするのでちょっと高いです(汗)ですが、2人目は絶対に女の子が欲しいと思っていたので、割引されてオトクに購入できる2箱セットを注文しました。ジュンビーのピンクゼリーは2箱以上購入すると返金保証があるので、もし余っても返金してもらえば良いですし。

私の場合は排卵が不規則だったので定期的に卵胞チェックに通い、排卵の2日前頃を割り出してその辺りにピンクゼリーを使って子作りしました。

ゼリーは行為前にタンポンのような容器に入ったゼリーを女性の下から入れます。ちょっと恥ずかしかったのですが、旦那さんにお願いしました。

産み分けに成功する以前になかなか思うように妊娠できず、結局1箱目を使い切った時点では妊娠できませんでした。一人目の時も妊娠まで苦労したので、まぁそんなものかなという感じでした。

1箱目では残念のがら妊娠しませんでしたが、2箱目を使ったらすぐに妊娠することが出来、先日7ヶ月でようやく性別が判明しました。

ピンクゼリーを使ったからと言って100%ではないので、男の子だったとしても変わらずに可愛がる自信はありましたし、男兄弟もいいかなと思っていましたが、やっぱり「女の子ですね」と先生が断言してくれた時はすごく嬉しかったです。

この喜びはお金には代えられないので、高い値段出してピンクゼリーを使って本当によかったです!

ゆかり(28歳)

私のピンクゼリー体験談【見事に成功!】

長男が生まれて1年半、そろそろ2人目が欲しいと夫婦で思い始めていました。夫は次男でも長女でも構わないと言っていましたが、私は女の子を希望していました。経済的な面を考えると我が家の子供は2人が精一杯でしょう。

それならやっぱり次は女の子だと思ったのです。昔から女の子が欲しいと密かに思っていましたし。主人もそんな私の希望を聞いてくれて、夫婦で産み分けに挑戦する事になりました。

家族計画的には一応最後のチャンスとなりますから、いろいろと産み分けの為の勉強をしました。そこで分ったのは、膣内を酸性にしておくのが効果的という事でした。

そこで私が購入したのが、ジュンビーの『ピンクゼリー』です。

以前から産み分けに効果があると聞いていたので、実際に試す事にしたのです。膣内を酸性に保つゼリーを注入してセックスを行うという産み分け法です。やがて妊娠が分り6ヶ月の検診で女の子と分った時は、思わずガッツポーズを取りました。

そして無事出産、先日退院したばかりです。我が家の家族計画は私の望み通りとなりました。主人も喜んでくれています。もし産み分けで女の子を授かりたいと考えているのであれば、ジュンビーのピンクゼリーを試してみると良いと思いますよ。

以上が私のピンクゼリー体験談です!

真由(26歳)

ピンクゼリーを使ってみた私の感想

26歳の真由(まゆ)と申します。私は3歳になる長男と1歳になる長女がいるのですが、長女を授かる時に女の子を産み分けしようと決意しました。

女の子を産み分けしたいと思ったのは、一人目が男の子だったので私も夫も女の子が欲しかったことです。男の子も本当にわんぱくで可愛くて大好きなんですが、女の子が大好きですし、自分の娘を育てるということを味わってみたかったのです。

娘を授かって将来一緒に料理を作ったり、私が作ったハンドメイドのアクセサリーやバッグでたくさんオシャレを楽しませたいと思いましたし、女の子って歳を重ねても一緒に旅行に行けたりショッピングに行けたりしやすいので本当に素敵です。

そこで産み分けをする必要があったのですが、ピンクゼリーは膣内にゼリーを入れるだけで良い事や、人体にとって安全であることなどから生まれてくる赤ちゃんにも悪い影響がなさそうだと思い、使うことにしました。

産み分けは生まれてくる赤ちゃんのことを考えると安全な成分で作られていたりと、とにかく健康に害が無い方法が良いなと感じていたので、ピンクゼリーなら大丈夫だと思ったのです。

おかげで健康で元気いっぱいの愛娘を授かることが出来て、本当に良かったなと感じました。

PIKO(37歳)

旦那が40代で私ももう37歳。そろそろ最期にもう一人頑張って子供を作りたいという事で男の子ばかりだったのですが、 女の子が欲しいという事で、女の子を産み分ける為に効果的と言われるピンクゼリーを利用しました。

膣内を酸性に保つ事が出来ると女の子の赤ちゃんを授かりやすいということを初めて知ったときは「そんなことできるんだ!」と少し驚きました。

ピンクゼリーを選んだのは、販売元が妊活専門会社という安心感があったからです。使い方が簡単そうですし、実際に使った人の口コミも良かったのが選んだ理由です。

排卵日を考えて、旦那に協力をしてもらい、精子を少し薄くした方が良いとの事で本番の日以外にも(念のためピンクゼリーを使って)セックスをして、精子濃度を薄めてもらいました。

それによって女の子が妊娠しやすくなるとの事でしたから、色々と夫婦で協力し、結果的に女の子を授かる事に繋がりました。

待望の女の子が産まれたのは非常にうれしかったです☆

 

【注意】産み分けに成功した夫婦が使っていた正規品の『ピンクゼリー』と類似品について

ここで紹介している女の子の産み分け成功体験談で使われているピンクゼリーとは『ジュンビーのピンクゼリー』です。(クリニックのピンクゼリーと間違えやすいのでご注意下さい。)

ジュンビーのピンクゼリーは、日本で初めて厚生労働省に認められた「管理医療機器」の産み分けゼリー。産婦人科医と共同開発しただけあってその使いやすさと安全性は抜群です。また、現在「ピンクゼリー」で商標登録されているのはジュンビーのピンクゼリーです。つまり、ピンクゼリーの正規品ということですね。

ピンクゼリーには類似品がいくつか出回っているため、購入する際は間違わないように注意が必要ですが、具体的にどういった類似品が出回っているのか、またどういった点が正規品のピンクゼリーと違うのかを比較表を使いながら解説した記事を用意しましたので、安心して女の子の産み分けにチャレンジしたい方はこちらの記事をご覧いただくことを強くおすすめします!

ピンクゼリーvsベイビーサポートvsハローベビーガール徹底比較!