ピンクゼリーを使うのは排卵日当日が良い?

排卵日当日

妊娠するためには排卵日当日に受胎セックスをすると良いと言われるのが一般的ですが、女の子を産み分ける場合はこの考え方が少し異なります。

ではなぜ、女の子を産み分けるためには排卵日当日の受胎セックスを避けた方がよいのか?排卵日当日でも女の子を産み分ける方法はないのか?などについて詳しく説明します。

排卵日当日の受胎セックスは”男の子”のタイミング

妊娠しやすいと言われる排卵日当日ですが、残念ながら女の子ではなく男の子を産み分けるタイミングとして最適と言われています。排卵日当日が女の子の産み分けに向いていないのはなぜなのでしょうか?その理由は女性の体のリズムに関係しています。

排卵日当日は膣内がアルカリ性になる

赤ちゃんの性別が男の子か女の子は受精した際の精子の種類によって決まるのですが、女性側に生まれてくる子供の性別を左右する要素が全くないという訳ではありません

なぜかというと女性の膣内は排卵サイクルによって酸性の度合いが日々変化するのですが、子どもの性別が決まるX精子とY精子はそれぞれ好む膣内環境が異なるからです。

受精する精子はそれぞれ下記のような特徴があります。

  • 女の子になるX精子酸性に強く、アルカリ性に弱い
  • 男の子になるY精子アルカリ性に強く、酸性に弱い

 

そして、女性の排卵サイクルによる膣内の環境の変化は

  • 生理開始日から排卵日2日前(低温期)は「酸性
  • 排卵日前後は「アルカリ性
  • 排卵日2日後から生理開始(高温期)は「酸性

となります。

つまり一番妊娠しやすい排卵日前後は膣内がアルカリ性になっているため、女の子になるX精子には非常に不利な状況となってしまいます。

早く妊娠したいという気持ちが先走ってしまうと男の子を妊娠しやすくなってしまうので注意が必要です。

排卵日当日を避けると妊娠率を下げることに繋がる

避妊は妊娠しにくい

女の子の産み分けのために排卵日前後を避ける必要性はこれまで説明しましたが、どうしても妊娠率を下げることになってしまうのは事実です。

妊娠するために受胎セックスを行うベストタイミングは排卵日の「前日」「当日」「翌日」が最も良いのですが、女の子の産み分けではこの時期は膣内がアルカリ性になるので受胎セックスは避けます。そうなると結果的に妊娠しにくくなってしまいます。

精子は最長6日程度生きると言われていますが、受精能力があるのは2~3日間ととても短いです。排卵日よりも前に受胎セックスを行う女の子の産み分けは、妊娠率が低くなるのもしょうがないのかもしれません。

「産み分けは長期戦になる覚悟が必要」と言われるのも納得できます。単純に妊娠することと産み分けを成功させることは、似ているようで全く違う考え方だと言えます。例え長期戦になった場合でも気長に産み分けに挑戦できる心の余裕が必要です。

ピンクゼリーを使えば排卵日当日でも受胎セックスができる

膣内がアルカリ性になる排卵日当日または排卵日前後は、女の子を産み分けるためには受胎セックスが禁止されていますが、ピンクゼリーを使うことで排卵日当日でも受胎セックスが可能になります。それはなぜなのでしょうか?

排卵日当日に受胎セックスを禁止しているのは、女性の膣内がアルカリ性になり、男の子になるY精子が有利な状況になってしまうからです。しかし、酸性のゼリーであるピンクゼリーを使えば、女性の膣内環境を意図的に酸性にすることができます

こうすることで女の子になるX精子に優位な状況を作ってあげることができるので、排卵日当日も排卵日前後でも安心して産み分けに挑戦することができます!!

ピンクゼリーは妊娠率を下げない

女の子を妊娠

最も妊娠しやすい排卵日付近の受胎セックスを禁止している女の子の産み分けは妊娠率を下げることに繋がってしまいますが、ピンクゼリーを使用すれば、妊娠率を下げることなく産み分けができます。男の子が産まれやすいとされる排卵日当日でも、ピンクゼリーを使えば膣内が酸性になり、排卵日当日に受胎セックスが可能になるからです。

妊娠率を下げずに産み分けに挑戦できるピンクゼリーは、女の子を希望する夫婦におすすめの産み分けアイテムです。

おまけに、通常家庭で行う産み分けは、男性側の協力が必要不可欠です。排卵日2~3日前以外のタイミングで受胎セックスを行う場合は、禁欲や避妊をしてもらうなど男性にも我慢してもらう点があります。しかし、このような制限を良く思わない男性も少なくはありません。

産み分けを成功するために男性側が嫌な思いをしながら挑戦していると、赤ちゃんも二人の元にはなかなか来てくれないでしょう。

産み分けが発端となって夫婦仲が悪くなっては意味がありません。特に制約なく産み分けにチャレンジできるピンクゼリーは、楽しく産み分けをしたい夫婦にとって必須アイテムだとも言えます。

ピンクゼリーを使って成功率をより上げるには?

せっかくピンクゼリーという産み分けアイテムを使って女の子の産み分け挑戦するのであれば、より成功率をあげることも考えたいですよね?

意図的に女性の膣内を酸性にできるピンクゼリーですが、男性側にも協力してもらうことでより産み分けの成功率を上げることができます。簡単な方法なので、ぜひ産み分けに挑戦する際は取り入れてみて下さい。

受胎セックスまでに最低2回はセックスをする

仲の良い夫婦

精子の中で女の子になるX精子の数は、男の子になるY精子より少なく、精子の数が多くなればなるほどその差は開いていきます。ですから精液の中にいる精子の数を少なくするためにも、排卵日付近までに最低でも2回はセックスをして精液の中の精子の数を減らしておく必要があります。

精子の数は個人差がありますが、女の子の産み分けに成功した多くの夫婦が3日に一度のペースでセックスをしていたという声を多く聞きます。女の子を産み分ける秘訣には夫婦仲良くというのも重要な鍵かもしれません。

精液を薄めるためのセックスは必ず避妊が必要?

コンドーム

家庭で産み分けをするときは、受胎セックス以外のセックスでは避妊するのが基本です。避妊不法としてはコンドームがベストですが、夫婦になってまでコンドームを使用することに抵抗を感じる男性は多くいます。

これは想定外のタイミングで妊娠するのを避けるためですが、嫌な思いをしながら産み分けをするとストレスに感じて妊娠さえうまくいきません。

このような悩みを解消してくれるのがピンクゼリーです。ピンクゼリーを使えば常に膣内を酸性に保つことができるので、避妊する必要もありません。コンドームによる避妊を嫌がる男性にはピンクゼリーを使用して産み分けに挑戦してください。

ちなみにリングやピルによる避妊は受胎セックスの際も妊娠できにくくなりますので、産み分けをすることに決めたら止める必要があります。

避妊具(ピル)

リングの場合は病院で器具を外してもらってから2か月、ピルの場合は服用を中止してから3か月は産み分けスタートするのを待ちましょう。

またY精子は熱に弱い性質があるので、睾丸を温めることでY精子の数を減らすことができると言われています。男性にはボクサーパンツやブリーフなどタイトな下着を身に付けてもらうと効果的です。

受胎セックスはあっさりが基本

排卵サイクルによる膣内環境が酸性の時期に受胎セックスをしても、女性が感じやすいセックスをしてしまうと膣内がアルカリ性になってしまいます。これは女性がセックスの際にオルガスムスを感じてしまうと強いアルカリ性の子宮頸管粘液が分泌されてしまうことが原因。

なるべく受胎セックスは女性が感じることのないようにあっさりセックスをし、男性器を挿入したら素早く射精をすることが大切です。

ピンクゼリーで常に膣内を酸性にできる

ピンクゼリー

あっさりセックスをすることは夫婦によっては難しい場合もあります。

  • 女性がオルガスムスを感じやすい
  • 男性器を挿入してもすぐには射精できない

このような夫婦には膣内環境を確実に酸性にすることができるピンクゼリーの使用がおすすめです。ピンクゼリーを使うことで、特に制約なく二人の好きなように受胎セックスができます。

「変なストレスを感じると妊娠さえうまくできない!」と聞くので、ストレスフリーで受胎セックスができるピンクゼリーは本当におすすめです

無害な物質で作られているピンクゼリー

ピンクゼリーの容器

ジュンビーのピンクゼリーは体にまったく無害な物質でつくられているので、精子や赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配は必要ありません。その証拠としてジュンビーのピンクゼリーは全成分をホームページ上で紹介しているほどです。

産婦人科医とも共同開発しているピンクゼリーは安心・安全に使える産み分けゼリーです!

最近ではメルカリなどで安い価格で転売されているケースもありますが、正規品かどうかは個人の判断になってしまいます。

自分や奥さんの体に直接入れるものだからこそ、必ず正規品が購入できる公式サイトアマゾンの公式アカウントから購入して下さい!!