「酸性」の食べ物で産み分けができる?根拠とは?

産み分けに良い食材

「酸性の食べ物を食べると女の子が生まれる」という話を聞いたことはありませんか?

これが本当なら、女の子を産みたいという気持ちがある女性は食べるものを選ぶべきです。また、既に受胎セックスのタイミングやセックス方法で工夫されている方も、合わせて食事療法を取り入れられてはいかかでしょうか?

それにしても、この「酸性の食べ物」とはどのような食材を指しているか全く検討が付きません。そもそも根拠はなに?という大きな疑問さえ抱いてしまいます。

今回は手軽に始めることのできる「食事での産み分け」の仕組みやどのような食材を食べた方が良いのかなどについて、詳しくご紹介します。

食べ物による産み分けの仕組みとは?

食事療法による産み分けは、食べ物・食生活を変えて、体のph値を酸性に偏らせることで産み分けを行う方法です。

なぜ体のph値を酸性に偏らせることが必要かと言うと、女の子になるX精子は酸性に非常に強く、男の子になるY精子はアルカリ性に強いと言われているためです。つまり、体のph値を酸性に偏らせることでX精子に有利で、反対にY精子には不利な状況をつくることができるという考え方です。

しかし、この食事療法による体内のph値の調整は、科学的根拠がないと言われています。産婦人科医や産み分け専門家たちの話によると、人間の体は「酸性」や「アルカリ性」のどちらかに偏る調整は、食べ物ではなく生理機能が行っているとのこと。

それでも昔から「○○○○を食べれば女の子が生まれる」と言い伝えられていることを考えれば少しは、影響があるのではないかと考えますよね?

酸性の食事
  • 可能性が全くないという訳ではないならチャレンジしたい
  • 昔からの言い伝えを信じてみたい
  • 念には念を入れて食事管理もしっかり行いたい

という方も実際に多く、良く産み分け方法の一つとして話題になります。

 

産み分けを行う女性は、例え専門家が科学的根拠がないと言っても、取り入れられるものはやってみたいと思うでしょう。産み分け結果に後悔しないためにも、気軽に取り入れられる食事療法を一度取り入れられてみてはいかがでしょうか。

女の子を産むための食べ物とは?

実際に女の子の産み分けに良いと言われている食材を紹介します。

ポイントは女の子を希望する夫婦は

  • 女性は「酸性」の食べ物を食べる
  • 男性は「アルカリ性」の食べ物を食べる

ことを意識して、食事をとることです。

ちなみに、食品の酸性かアルカリ性かというのは、食品そのものではなく食品に含まれるミネラルが酸性かアルカリ性かで判断されます。食品を燃やした灰を水中に入れて溶出成分を含む水溶液のph値を測定し、酸性かアルカリ性か判断されています。

人間の体内では、酸化反応によるエネルギーを作りだしているため、食品を燃やすこと(燃焼は酸化反応の一種)により、体で起こっている反応を疑似的に作り、体内に蓄積される「燃え残り」を推定できるという仮説から、このような方法で酸性かアルカリ性かを判断されています。

酸性を示すミネラルは、

  • 塩素
  • リン
  • 硫黄 など

 

アルカリ性を示すミネラルは、

  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシム など

が多く含まれている食品を表します。

女性が食べた方がいい食材

女の子の産み分けで女性が食べた方が良いと言われている食材の代表的なものは

卵と肉
  • 肉・魚・卵などのたんぱく質
  • 米・さつまいも・小麦粉などの穀物
  • トマト・ぶどう・みかんなどの酸味の強い果物

酸性の食事は高脂質高カロリーのものが多いので、食べ過ぎには注意が必要です。高脂質高カロリーのものを食べ過ぎると太るということです。女性は女の子の産み分けのために、太りたいと思う方は少ないはずです。偏り過ぎずに適度に食べるようにして下さい。

酸性と言っても、すべての食材が良いとは限りません。下記の食品に関しては少し注意が必要です。

●コーヒー

コーヒー

酸性の飲み物ですが、カフェインが強いため飲み過ぎには注意が必要です。また、カフェインは男の子になるY精子の動きを活発にすると言われているため、男の子の産み分けに活用されています。

女の子のを希望するのであれば、コーヒーの飲み過ぎは控えましょう。もちろん、一日一杯程度であれば問題ありません!

●酢

酢

酢は酸性がかなり強いと言われている調味料の一つです。昔ながらの言い伝えでは「女の子が欲しければお酢を飲め。」と言われていたとか。また、「膣内を水で薄めた酢水で洗浄するとよい。」など、お酢に関する産み分けの話は多く聞きます。

確かに、膣内をお酢で酸性にするという点で考えれば産み分け方法の手段として分からなくもないですが、衛生上かなりおすすめできません。

また、お酢の大量摂取は胃腸を痛めるため体に大きく負担がかかります。

もしお酢を取り入れた産み分けを行うのであれば、調味料として適度に摂るようにしてください。

男性が食べた方がいい食材

草食系食品

女の子の産み分けで男性が食べた方が良いと言われている食材の代表的なものは

  • ほうれん草・アーモンドなどの野菜
  • 納豆・豆腐などの大豆類
  • みかんなど酸味の強い柑橘類を除く果物類
  • しいたけ・しめじ・まいたいなどのキノコ類
  • わかめ・ひじきなどの海藻類
  • 牛乳などの乳飲料

見て分かる通り、アルカリ性の食材は種類も豊富で取り入れやすいですが、草食がメインになります。男性と言えば、肉が好きと言う方が多いはずです。率先して、アルカリ性の食品を食べるとなると少し我慢が必要ですね。

ただ、アルカリ性の食品はさまざまな病気予防に効果的と言われているので、産み分けだけでなく健康維持のためにも頑張って取り入れてみて下さい。

食事療法での産み分けはいつから始める必要があるの?

食事療法で産み分けを行う場合は一般的に、3か月前を目安として始めるのが効果的と言われています。なぜなら、精子は3か月前に生まれたものが射精されると言われているからです。

おまけに、食事療法は薬などと違って即効性は全くありません。毎日食べる食材によって、体の中を酸性に傾けるためには最低でも3か月必要とされているため、実際に産み分けを行うかなり前から準備が必要です。心と時間に余裕を持ちながら食事療法は進めていきましょう。

産み分けサプリメントの効果は?

自宅で産み分けを行っている夫婦の7割は受胎セックスのタイミングや体位を工夫したり、食事内容に気を付けて生活していると言われています。

そして多くの夫婦が取り入れているのが、サプリを用いた産み分け方法です。以前は健康づくりや健康維持に多く用いれられてきたサプリメントですが、妊娠したい女性も積極的にサプリも用いて妊活を行う時代になりました。

そのためなのか、産み分けにもサプリメントが使用されることが多くなり、効果的なのではと広く考えられるようになりました。

女の子はクランベリーサプリ

クランベリーサプリメント

産み分けを希望する女性たちの間では、男の子を希望するならこのサプリ。女の子ならこのサプリという物が既に存在します。それは男の子はリン酸カルシウム(リンカル)、女の子はクランベリーです。

サプリメントを使った産み分け方法も食事療法と同じで、受精時にどちらの状況を有利にするかによって、男女の産み分け成功率を上げるというものです。女の子の産み分けに適しているサプリメントはクランベリーです。クランベリーにはポリフェノールという酸性物質が豊富に含まれているため、膣内が酸性に傾きやすくなると言われています。

手軽に始めることが出来るというメリットがある

サプリメントによる産み分けは手軽に始められて、自分の意思で行えるところが一番のメリットです。またサプリメントの別名は栄養補助食品。つまり、体に対して良くない成分は全く含まれていない為安心して飲むこともできます。

不確定要素は残しながらも、サプリなら自然な形で手軽に産み分けが出来ると思えば、精神的にもよい影響ももたらすのではないでしょうか?

科学的根拠があって手軽に取り入れられる方法とは?

気さくに話している夫婦

医療機関に行けば、より高い確率で女の子の産み分けが行えると分かっていても、治療をするまでなかなか踏み切れないというのが現実です。

しかし、食事療法やサプリメントでの産み分けは自分のペースで行えて、無駄な時間とお金をかけることが少なく手軽に出来ることが最大のポイントです。

その反面、医師や専門家によると人間の生理的機能の働きで酸性やアルカリ性に偏らないようにph値のバランスが調整されていると言う方も多く、食べ物による産み分けは科学的根拠がないと考える方も多くいます。

また、産み分け開始に最低3か月が必要となるため時間的にも余裕が必要となります。

 

科学的根拠があって、食事療法同様に手軽に取り入れられる産み分け方法がひとつあります。

  • 医療機関を受診する程時間とお金はかけたくない
  • 自分のベースで産み分けを行いたい
  • 産み分けの受胎セックスをなるべく早く行いたい
  • 高い成功率を希望する

という方には『ジュンビーのピンクゼリー』をおすすめします!!

ジュンビーの公式トップ

 

ジュンビーのピンクゼリーは国内で販売されている産み分けゼリーの中でも、最も優秀で信頼できるものです。類似品と比較すると効果に違いが出てきます。なぜなら、ジュンビーのピンクゼリーはおすすめできるポイントが多くあるからです。

別の記事でピンクゼリーの特徴や類似品との比較ポイントをまとめた記事がありますので、参考にしてみて下さい!!

⇒ピンクゼリーの正規品・類似品4種類を徹底比較!

 

私も産み分けゼリーを購入する際にジュンビーのピンクゼリーを詳しく調べましたが、産婦人科と共同開発していたり、管理医療機器を取得していたりと安心して購入できるポイントが多くあったので、迷わずジュンビーさんの商品を購入しました。実際にピンクゼリーを使って産み分けにも挑戦しました。後悔しないためにも、できる限りのことはしてきたつもりです!!

産み分けの土台は赤ちゃんが授かりやすい母体作り。ストレスを極力無くして、健康的に女の子を授かることが一番です!!