「女の子が欲しい」と思ったら「夫婦一緒に」が重要!

夫婦一緒に

女性が一方的に「上が男の子だったから、次は女の子が欲しい!」と思ったとしても男性側がそこまで考えておらず、産み分けをきっかけに夫婦仲が悪くなったというケースも少なくありません。

産み分けをスタートするにあたって最も重要なことは「夫婦一緒に!」ということ。今回は産み分けをスタートしても夫婦が仲良く妊活生活が送れるような対策を含めて、工夫する点や考え方を詳しくご紹介します!

もし旦那さんと話し合った結果、産み分けについて合意ができない場合は、産み分けゼリーでこっそり産み分けをするのも一つの手です。

私が使ったジュンビーのピンクゼリーは手軽に取り入れられる産み分けアイテムのひとつなので、男性に黙って産み分けに挑戦したい方にもおすすめです!!

「夫婦で話し合っても方針がまとまらない!」とお困りの方は、ぜひ最後までご覧下さい!

産み分け前に夫婦でよく相談しよう

セックス方法など詳しく話せる夫婦であることが大切

産み分けに関して「セックスのことを話し合うのが恥ずかしいから、私だけの努力で産み分けを成功させることはできないかな?」という声をよく聞きます。

しかし残念ながら、夫婦が手を取り合って協力しなければ、産み分けを実現させることはできません

理由は大きく分けて2つあります。1つ目は、産み分け方法に関する問題です。

女の子の産み分けをするためには、排卵日の2~3日前にあっさりとしたセックスをすることが基本。特にタイミングは重要なカギとなります。

また、受胎セックス以外の日の禁欲や避妊も必要です。

1回のトライで妊娠できるとは限りませんから、産み分け生活は、数か月から数年にわたる長期戦になることも覚悟しなければなりません。

「なんとか私がそういうようにしむける」なんて考えても、そんなに長い間、規制がある夫婦生活を忠実に実践することは難しいですよね?

女の子が欲しいなら、この機会に夫婦でざっくばらんにセックスについて話し合ってみましょう。

夫婦間の合意が産み分けのスタートライン

夫婦が合意している

もう1つの理由は、精神的な問題。「夫が産み分けに協力的じゃない」と嘆く方もいますが、産み分けはそもそも家庭の幸せのために考えられたもの。それがもとで夫婦の仲が悪くなってしまっては意味がありません。

「女の子が欲しいから、排卵日の2日前にあっさりセックスをお願いね!その他の日は避妊しないとダメだよ!」などと伝えるだけでは、男性は納得しないかもしれません。

まずは自分自身が何のために産み分けがしたいのか明確にし、産み分けの理論についてもしっかり勉強したうえで、夫婦でよく話合う必要があります。

  • 女性側と男性側の希望する性別が違う
  • 産み分けに対して「自然じゃない」というイメージを持っている
  • セックスに対する規制が面倒

など、産み分けに合意できない理由はいろいろあるはずです。

家族計画は夫婦が協力し合わなければ成り立たないものです。産み分けが成功しても、失敗しても、これから生まれてくる子供は、愛情いっぱいの家庭で育ててあげたいですよね?

ですから、スタートはあいまいにせず、納得いくまで夫婦二人で相談し、きちんと合意に達していることが、産み分けの第一条件なのです。

女の子が欲しいと思ったら一緒にお勉強

産み分け法がごく自然に実践できるくらい頭に入れる

タイミングが重要

夫婦が合意に達したら、いよいよ産み分け実践開始!と先を急ぎたくなりますが、あせりは禁物です。

これまで紹介してきた産み分け方法は、シンプルでありながら、体の自然なリズムにもとづいたデリケートなものですから。

まずは二人で産み分けの理論や方法について、しっかり頭に入れましょう。

しかし、女性が「がんばらなくちゃ!」と肩に力が入ってしまえば、ストレスで生理周囲が乱れることもあります。大事な受胎セックスの時にも、本を片手に実践するのでは、リラックスできませんよね。

ですからご夫婦で産み分け法を暗記するぐらい熟知し、産み分け実践が自然に生活の一部になるようにしてみて下さい。特に男性は妊娠のメカニズムや生理周期のことについてまったく知らない方も多いので、まず女性が「産み分けエキスパート」になって、分かりやすく教えてあげるのもよいでしょう。

女性が産み分けの先生に

 

産み分けについてざっと勉強すると、女性の役目は「排卵日特定」、男性の役目は「セックスの方法」と分けて考えがちですが、よく理解するとそう簡単には割り切れないことが分かるはずです。

排卵日特定のための基礎体温を正確に測定することが非常に重要だということが分かれば、朝の忙しい時間に男性が家事を協力することもできるでしょう。セックスについても、「女性がすべて男性におまかせ」というのではカバーしきれない部分もあるはずです。

だからこそ女の子が欲しいという夫婦二人の夢を、二人で協力して実践するべきです!!

一方だけの希望では夫婦仲の悪化につながることも・・・

仲が悪い夫婦

これまで説明した通り産み分けには夫婦双方が合意し、考え方を一致させる必要があります。

例えば女性が産み分けに対してやる気で男性側は産み分けに対して消極的だとします。

家庭で行う産み分け方法で大事なのは「受胎セックスを行うタイミング」と「セックス方法」ですが、産み分けに理解がない男性からすると「排卵日当日だから今日は受胎セックスはできない。」や「私が感じないようにあっさりセックスして。」とお願いされたらどんな気持ちになるでしょうか?

普通の男性だと、せっかく気持ちが盛り上がっているところに「NO!」と言われること程、ストレスに感じることはないでしょう。この様なモヤモヤした気持ちが長く続くと受胎セックスをとることさえ嫌になりかねません。

受胎セックスがあってからこその産み分けだという事を決して忘れてはいけません。

このような事態を防ぐためにも産み分けに対して、夫婦間でしっかり話し合って産み分けに挑戦してください。

理解を深めて真剣に取り組めば成功率はアップする

仲良く産み分けに取り組む夫婦

産み分けには長期戦になるかもっという覚悟が必要です。

女性の体のリズムを把握するためには準備期間を数か月間は見ておきたいですし、受胎セックスのタイミングに夫婦のどちらかが主張、なんていうことになれば、翌月のタイミングまで避妊しながら待たなければなりません。

受胎セックスをしたから、すぐに妊娠するとも限らないので長い目でみるようにしましょう。

この間にイライラすることもあるかもしれませんが、それがストレスになってしまったら、体のバランスが微妙に崩れて、産み分けの成功率を下げてしまう事にもなりかねません。

ですから、できるだけストレスを少なくするように、夫婦がお互いの気持ちを配慮し合うことが家庭で行う産み分けでは大事です。夫婦が産み分けのことをしっかり理解した上で、真剣に取り組むことが成功率アップのための一番の秘訣と言えます。

産み分けには忍耐が必要ですが、「女の子が欲しい!」という夫婦の夢を実現させるための努力と考えれば、楽しい夫婦の共同作業になりうるものです。産み分けをきっかけに、何事においても夫婦でフランクに話し合ができ、心をこめて協力し合える仲になれたら、素晴らしいですよね!

ピンクゼリーを使って産み分けが可能

家庭で行う産み分け成功率アップを狙うなら

女の子が欲しい方は膣内環境が酸性に傾く排卵日2~3日前が重要ですが、共働きの夫婦も多く現実的にピンポイントでタイミングを狙うのは決して簡単ではありません。私も仕事をしながら子育てと家事を行っていますが、毎日の基礎体温の測定でさえ容易ではありませんでした。

そんな方には常に膣内を酸性にすることができるジュンビーのピンクゼリーがおすすめです。体の自然なリズムだけに任せるだけでなく、意図的に膣内を酸性にできるので酸性に強いX精子には非常に有利な環境を作ってあげることができます。

女の子になるX精子が有利な状況であれば産み分け成功の近道ではないでしょうか。

もちろん、しっかり基礎体温を測定できて排卵日の特定まで出来ている方にも、より産み分け成功率をアップさせるためにピンクゼリーを活用することをおすすめします。

夫婦間の意見が一致しなくてもピンクゼリーを使えば産み分けが可能に?

こっそり行う産み分け

よく話し合った結果、夫婦間の合意がどうしても一致しない場合もあります。しかし、どうしても「女の子が欲しい!」という願望を捨てれない方はピンクゼリーを使うことで、男性側に気づかれずに産み分けすることが可能になります。

膣内がアルカリ性になりやすい排卵日当日や感じるセックスをしても、ピンクゼリーを使えば膣内を酸性に保つことができます。つまり女の子の産み分けに重要な「受胎セックスのタイミング」と「セックス方法」を特に考えることなく、女の子になるX精子にとって有利な状況を意図的に作って受胎セックスができるということです。

そんな雰囲気になりそうであれば、タイミングを取る前にこっそりピンクゼリーを膣内に注入して受胎セックスを行いましょう。女性側だけでもできる産み分け方法はピンクゼリーだけです!

ジュンビーのピンクゼリーについて詳しく書いている記事があるので参考にしてみて下さい。

⇒ピンクゼリーの正規品・類似品4種類を徹底比較!